電話:047-354-5551

〒279-0002 千葉県浦安市北栄1-5-23

東京メトロ東西線「浦安駅」徒歩2分
インターネット予約 こちらから

千葉県浦安市のおおしおウィメンズクリニック | 産婦人科・産科・小児科・無痛分娩

胎児ドック

 

おおしおスタッフのブログ VPDを知って、子どもを守ろう Bean Stalkのメンバーズクラブ、まめこみ おおしおクリニックの院長日記 覚悟の瞬間 おおしおウィメンズクリニック 大塩達弥 当院取り扱いサプリメント 安心のピルガイド 無痛分娩のお悩みガイド

胎児ドック

欧米では、胎児の診断・治療は一般的におこなわれています。

「出生前診断」とは、おなかの中の赤ちゃん(胎児)に何らかの問題があるかないかの判定を目的とする検査・診断のことで、「胎児診断」ともいわれています。
アメリカやヨーロッパなどでは、出生前診断は一般に普及が進んでいます。日本でも、胎児診断を行うことが、様々な医療施設で実施されてきております。
日本の医療施設でも、胎児の治療も積極的に行われています。事実、私が入局した日本大学産婦人科教室所属中に、プルーンベリー症候群の胎児に胎児治療(膀胱-羊水腔シャント術)を積極的に取り入れた経験があります。

それからは、出生前診断の技術は近年急速に進歩しています。

検査を行う時期も、妊娠のより早い時期にシフトしてきました。日本でも出生前診断に対する関心は高まっていますが、すべての妊婦さんに胎児に問題があるか否かを確認する検査を勧めるべきとは考えられておらず、議論が続いています。
毎年約100万人の赤ちゃんが日本で誕生しています。その96~97%は先天異常が認められません。でも、約1%に染色体の本数や構造の異常、2~3%に心臓や血管の形態異常、水頭症、消化管狭窄・閉鎖、神経管閉鎖不全などメジャー奇形が見られます。口唇・口蓋裂・多肢症・合肢症などのマイナー奇形等が見られます。
染色体異常をもつ胎児の頻度は、妊婦年齢の上昇とともに、増加する傾向にあります。一方、染色体以外の問題は妊婦年齢とあまり関係がありません。

最近は高齢出産のリスクが盛んに取り上げられていますが、環境因子の変化・不妊治療の普及により、若い妊婦さんでも、先天的異常の赤ちゃんが生まれている場合も少なくありません。当院では、どの年齢であっても赤ちゃんの病気の有無を確認する検査についての情報は知っていただきたいと考えています。

出生前診断では、あらゆる先天的な病気を発見できるわけではありませんが、治療可能な先天異常を早期に発見し、対応することにつながります。
日常の当院の産科外来でも、出生前診断のことを聞いてくる妊婦さんが非常に多くなりました。

当院での、妊婦健診では、まず

“予定日を正確に決めることからはじめます。”

予定日って、最終生理から計算すればいいと思っている妊婦さんが多いのです。きっちり28日周期で生理がきている女性ならよいでしょう。しかしながら、生理周期が不規則な方もかなりおられます。排卵日によっては、妊娠週数が2~3週もずれていることがあります。
子宮内で正常に発育している胎児の約95.4%が、この範囲におさまります。

胎児発育曲線グラフ

“胎児に発育異常があるときは、発育曲線から、大幅に発育がはずれてきます。”

  • 例えば、24週以降に巨大児になる場合は「妊娠性糖尿病」が考えられます。(線aa
  • また、28~30週以降に胎児の発育が伸び悩むケースでは、「妊娠高血圧症のため胎児発育遅延」・「お母さん自身の喫煙」などが示唆されます。(線bb

“実際にどのような出生前診断の方法があるのでしょうか?”

出生前診断における検査方法

普段の妊婦健診で、妊婦さんのおなかに超音波をあてて胎児の観察を行うことも、出生前診断につながります。

  • 超音波検査
    胎児の発育の評価以外にも、体のつくりの問題がないか、機能的に問題のあるところはないかを判断するのに用いられます。また、胎児の病気や染色体の問題を発見するためのきっかけをつかんだり、可能性を判断したりするのにも用いられています。
    立体画像(4D)・カラードップラー検査・胎児心臓エコー・消化器エコー・生殖器(外生殖器・内生殖器)・脳内エコー
    立体画像(4D)のお写真

    超音波検査の画像を当院オリジナルDVDに録画いたします。
    詳しくはこちら

  • MRI検査
    超音波検査のみでは、判断の難しい体のつくりの問題などを、これを用いることによって、より明瞭に画像に表示できる場合があります。他院へ依頼。
    水頭症・消化管奇形等
  • 血液検査
    妊娠女性の血液中の4種類のホルモン物質を利用して、胎児の染色体異常の可能性の有無を統計的に知るのに役立てます。
    クワトロテスト
  • 羊水検査
    胎児の羊水中の浮遊細胞を直接採取して、それを培養し染色体診断に役立てます。染色体検査を確定するにあたり胎児細胞が少ない場合のときもFISH法で確定診断できます。
    妊娠子宮に超音波下に針を直接刺し入れます。この検査を希望する場合は充分な技術的な説明と検査の意義を理解されてから行います。
    21トリソミー(ダウン症)
PAGE TOP